中国決済

中国スマホ決済『AliPay|支付宝』の使い方や導入方法など情報まとめ

中国スマホ決済「アリペイ」の使い方や導入方法など情報まとめ
「キャッシュレス・消費者還元事業」の5%還元対象店舗で、さらに5%を上乗せして合計 最大10%をいつでも還元! 10月消費税10%でもありがたすぎるのが『PayPay』です。PayPayは「入会金・決済手数料・月間費用0円」と、ノーリスクで今話題のスマホ決済対応にできます。詳しくはPayPay公式サイトをご覧ください。

↓PayPayアプリはこちらから↓

IOS版android版
日本で『AliPay|支付宝』が使えるお店(商店)をまとめてみた
サービス名 AliPay|支付宝
URL https://www.alibaba.co.jp/
よしたけ
よしたけ

今回は中国のキャッシュレス決済でもっとも主要なサービス「アリペイ」について情報をまとめております。

『AliPay|支付宝』アリペイは中国スマホ決済の半数以上を獲得!

アリペイ 中国スマホシェア率54%
  • アリペイの中国シェア率は54%
  • アリペイのユーザー数:約8億人

もはや中国スマホ決済市場のほとんどがアリペイで占めらており、国内では頭打ち状態になっております。

現在では、海外シェアも獲得すべく動きを進めております。

アリペイ公式サイト:https://www.alibaba.co.jp/service/alipay/

『AliPay|支付宝』が使えるお店(商店)をまとめ

日本で『AliPay|支付宝』が使えるお店(商店)をまとめてみた
  • 『家電量販店』
  • 『コンビニ』
  • 『ドラッグストア』
  • 『飲食店』
  • 『本屋・書店』
  • 『アパレル』
  • 『ホテル・旅行』
  • 『百貨店』
  • 『交通機関』
  • 『眼鏡屋』
  • 『カラオケ』
  • 『アウトドア用品』
  • 『ホームセンター』
  • 『カー用品』

スマホ決済PayPayと提携しており、『PayPayが使えるお店』で使えるケースが多いです。

日本で『AliPay|支付宝(アリペイ)』が使えるお店(商店)をまとめてみた 『AliPay|支付宝』とは? サービス名 AliPay|支付宝 URL https://www.a...
PayPay(ぺいぺい)が使用できるお店を種類ごとにまとめてみた
PayPay(ペイペイ)が使えるお店を23ジャンルに分けて紹介【2019年10月更新】 基本還元率 0.5%~3% 決済方法 銀行口座・クレジットカード 支払い限度 クレカは1日2万...

アリペイの機能はスマホ決済だけじゃない!

アリペイの機能は決済だけじゃない!画像出典:アリペイ公式サイトより
主に金融系サービスに強い
  • 決済
  • 保険
  • 投資銀行
  • 資産運用
  • 信用スコア
  • ローン

など生活に密着したサービスになっております。

ネットショップ「タオパオ」も含めると全ての生活圏内にアリペイが関わっているという凄いことになりますね。

金融系サービスのほとんどがアリペイひとつで賄えてしまいます。

アリペイの使い方

ステップ①|スマホにアプリのインストール

中国スマホ決済「アリペイ」の使い方や導入方法など情報まとめ

まずはスマホにアリペイのアプリをダウンロードしましょう。

ステップ②|初期設定

初期設定を行いましょう。

ステップ③|使い方お店が読み取る場合)

中国スマホ決済「アリペイ」の使い方や導入方法など情報まとめ

アリペイ対応のお店で、アプリを起動させ画面に出てくるQRコードを読み取ればお金を支払うことができます。

ステップ④|使い方(ステッカーを読み込む場合)

中国スマホ決済「アリペイ」の使い方や導入方法など情報まとめ

こちらはお店の前に「QRコード」が置いてある場合になります。

こちらは、アリペイのアプリを起動させて専用の読み込みカメラを起動させればスキャンすることができます。

QRコードを読み込んだら、支払うべき金額を入力して決済しましょう。

アリペイをお店に導入するにはどうしたらいいの??

現在、「アリペイ」の公式サイトの問い合わせフォームから申し込む形になります。

そこから日本の代理店経由で連絡があり、導入手続きをとることができるようになります。

年々増え続ける中国人観光客に対して、サービスの提供をスムーズに行うためには決済システムを「アリペイ」「WeChatペイ」などに対応しておく必要があります。

海外、特に中国圏からのお客様が多い店舗は導入を検討してみるとよいでしょう。

中国人観光客は現在どれくらいいるの??

なぜ中国ではここまでキャッシュレス決済が進んだのか

2017年の統計時点で約736万人の中国人観光客が来ております。

年々右肩上がりで増加しており、特に2015年からの伸び率はとてもすごいものがあります。

2019年、2020年はさらに増加の見込み

爆買いに象徴されるように非常に多くのお金を落としてくれますので、今後中国圏の客層にアプローチできるようにすべきかと思います。

2020年には東京オリンピックが開催され、中国に限らず海外からの観光客は爆増すると思われます。

多すぎ!キャッシュレス決済

2019年のキャッシュレス
  • PayPay
  • 楽天Pay
  • LINE Pay
  • ORIGAMI Pay
  • d払い
  • auPAY
  • GooglePay
  • ApplePay
  • Amazon Pay
  • QUICPay
  • セブンPay
  • ファミペイ
  • ローソンペイ
  • &Pay
  • TakeMe Pay
  • QUOカードPay
  • はまpay
  • YOKA!Pay
  • みずほWallet
  • Pay ID
  • pring
  • pixiv Pay
  • Paypal
よしたけ
よしたけ

キャッシュレス決済の種類は本当に多いです。

自分のライフスタイルに合うスマホ決済を見つけましょう!

【2019年3月最新】多すぎ!「〇〇Pay」を全種類まとめてみた【QRコード決済】
【2019年最新版】多すぎ!「スマホ決済」おすすめランキング【QRコード決済】 そもそも「QRコード決済」とは? 事前にアプリをインストールして、利用できる店舗でアプリの「QRコード」を掲示する...