キャッシュレス

発行はいつ?『新500円玉』は2色のバイカラー・クラッド貨幣で偽造防止効果もあり!

【超簡単】自分のお店をPayPayの加盟店に登録してみた(審査落ちの対処法も紹介) PayPayの新規加盟店になることで「最大1万円もらえる!」キャンペーンを実施しております。PayPayは「入会金・決済手数料・月間費用0円」と、ノーリスクで今話題のスマホ決済対応にできます。1万円還元の上限など詳しくはPayPay公式サイトをご覧ください。 PayPay公式ページ
よしたけ
よしたけ

2019年4月8日、新紙幣の新しいデザインが発表されました。

同時に、新元号「令和|れいわ」が刻まれたものを発行後、新しいデザインの硬貨になる予定です。

今回は、新500円玉のデザインと搭載された新技術について紹介していきます。

【デザイン】新500円玉は2色のバイカラー

新500円玉は2色のバイカラーで斬新!ユーロに倣った偽造防止硬貨もあり!

新しい硬貨は複数のデザインを用いた「2色からなる」のバイカラーになります。

中央がこれまでの硬貨に近い銀色で、外側が金色のデザインで構成されてますね。

今まで硬貨の材質はひとつだけでしたので、非常に斬新なデザインに感じられます

新500円玉は2色のバイカラーで斬新!ユーロに倣った偽造防止硬貨もあり!

【偽造防止】ユーロの「バイカラー・クラッド紙幣」

バイカラークラッド構造

新500円玉は2色のバイカラーで斬新!ユーロに倣った偽造防止硬貨もあり!

新500円玉のデザインは、「バイカラー・クラッド貨幣」を呼ばれるもので、1ユーロや2ユーロなどの硬貨に使用されております。

現行の硬貨は1つの材質1つの金属でしたが、新500円玉の場合は、3種類の金属を挟み込むように設計されております。

複数の金属を使うことで、製造により高度な技術が必要になり、偽造防止に効果的です。

ユーロの硬貨

新500円玉は2色のバイカラーで斬新!ユーロに倣った偽造防止硬貨もあり!
よしたけ
よしたけ

新500円玉は、1ユーロや2ユーロなどのデザインや設計に非常に似ております。

新500円玉はいつから使えるの?

2024年を目安に利用できるよう発行や準備を進めているみたいです。

【新紙幣】元号令和に伴い、お金が変わる

新紙幣
  • 1万円札:渋沢栄一・裏面:東京駅丸の内駅舎
  • 5千円札:津田梅子・裏面:藤の花
  • 千円札:北里柴三郎・裏面:葛飾北斎の富嶽三十六計
  • 新紙幣の発行は2024年を目安に準備
  • 500円硬貨も変更

先に発表されましたが、新紙幣のデザインも大きく変わります。

2019年の発表から5年を目安に2024年に向けて、新しいお金のデザインに変わりますね。

【新札】新紙幣の発行はいつから?人物も合わせて紹介(渋沢栄一・津田梅子・北里柴三郎)
【新札】新紙幣の発行はいつから?人物も合わせて紹介(渋沢栄一・津田梅子・北里柴三郎) 新紙幣のデザインは?東京駅も 新紙幣スポイラー pic.twitter.com/g0i62g1Ce4 — 開封大好き...

キャッシュレス社会の促進

同時に日本政府は、現金を使わないキャッシュレス社会の促進を進めております。

今後、現金を使う機会は減ることは間違いないですが、元号の変化に伴い様々なものやテクノロジーが変わるのは新鮮でワクワクしますね。

【2019年3月最新】多すぎ!「〇〇Pay」を全種類まとめてみた【QRコード決済】
【2019年最新版】多すぎ!「スマホ決済」おすすめランキング【QRコード決済】 そもそも「QRコード決済」とは? 事前にアプリをインストールして、利用できる店舗でアプリの「QRコード」を掲示する...
キャッシュレス決済5つのメリットと4つのデメリットを紹介する
【スマホ決済の仕組みとは】メリット・デメリットを徹底紹介【キャッシュレス】 キャッシュレス決済って何種類あるの? そもそも「キャッシュレス決済」とは? クレジットカード 電子...